コンテンツ管理タイプ

コンテンツ管理タイプのホームページの説明です。

コンテンツ管理システム(CMS:コンテンツマネージメントシステム)とは

お客様自身で、ブログの更新、コンテンツ(サービス情報)の更新、スケジュール管理、ユーザ登録管理、予約システム管理など、グループウェアのように利用できるホームページです。

ユーザ登録などを行い、積極的にホームページを会社で利用していくための仕組みです。

ブログタイプの多機能版だとお考えください。

SNSとは

SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)は、人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のサービスのことです。会員には、一般的な不特定多数のユーザから、会社社員だけなど、さまざまな運用方法を取ることができます。

コンテンツ管理タイプのメリット

ホームページを利用して、さまざまな情報を共有できることです。

コンテンツ管理タイプのデメリット

運用管理に、学習が必要になる場合があります。

Xoops(無料のホームページ管理システム)の利用

コンテントタイプの基本システムは、オープンソースシステム(無料)のXoops(ズープス)を使用します。

同様のシステムをオリジナルで構築する場合、何百万円もかかってしまう場合があります。基本システムを無料のものを使用することで、安価にコンテンツ管理システムを構築できます。

ファリエッタでは、

  • 設置代行
  • 基本設定
  • オプション機能の設定
  • 機能以外のコンテンツ作成
  • デザインの適用
  • マニュアルの作成

を行います。デザインも無料のテーマ(デザイン)を利用することで、価格を押させつつ、本格的なホームページの構築と運用が可能になります。