アクセス解析で訪問者のニーズ傾向を分析する

by farietta on 10月 16th, 2009

ファリエッタでは、SEO対策や売上げアップ、コンバーション率の向上のためのアクセス解析を行い、レポートを作成いたします。

アクセス解析で分かること

ホームページにアクセス解析を設置すると、さまざまな情報を確認することができます。弊社ではYahoo!アクセス解析を利用してお客様のホームページ状況をレポートいたします。

ページビュー

指定した期間にサイトが閲覧された回数です。

訪問数

指定した期間に、サイトにあった訪問数です。

再訪問数

過去に、サイトにアクセスしたことがある人が、指定した期間に再度訪問した数を表示します

ユニーク訪問者数

指定した期間の同一訪問者数(ユニーク訪問者数)を表示します。指定した期間に同じ訪問者がサイトを複数回訪問した場合、訪問した回数すべてがカウントされるのではなく、ユニーク訪問者1人としてカウントされます。

都道府県

訪問者が、どの都道府県からアクセスしているかを表示します。

ページビューランキング-URL別

訪問者がどのページを主にアクセスしているかを、URL別に、ページビュー、ページビューの割合(%)、平均滞在時間で表示します。

閲覧開始ページ-URL別

訪問者が最初に訪れたページをURL別に表示します。

直帰率-全訪問、新規訪問、再訪問(URL別、期間別)

訪問(全訪問、新規訪問、再訪問)のうち、閲覧を開始したページから同じサイト内の別のページに移動することなく、別のサイトを表示した(あるいはブラウザを閉じた)割合を表示します。[URL別]をクリックするとURL別に、[期間別]をクリックすると指定した期間別に表示します。

離脱ページ・リンク

訪問者がどのページで離脱したか、またはどのリンクをクリックして離脱したかをURL別に表示します。

経路分析-URL別

訪問者がどのようにサイト内を遷移したかを、ツリー状に表示します。ツリーの横に表示されている矢印をクリックすると、経路の続きを確認できます。

サイト構造分析-ページ到達クリック数

訪問者が各ページにいたるまでの平均クリック数を表示します。

平均滞在時間

滞在時間ごとの訪問数と、訪問者が1回の訪問でどのくらいの時間、サイトに滞在しているかを平均値で表示します。

検索エンジン&参照元

訪問者がどの検索エンジンから検索してサイトを見ているか、またはどのリンクからサイトを訪問しているかを表示します。

  • 検索エンジン:訪問者がどの検索エンジンから、サイトにアクセスしたかを表示します。
  • 検索ワード:訪問者が、どんな言葉で検索してサイトにアクセスしたかを表示します。
  • 参照元ドメイン:訪問者が、自分のサイト外のどのページからサイトにアクセスしたかを、ドメイン別に表示します。
  • 参照元URL:訪問者が、自分のサイト外からのどのページからサイトにアクセスしたかを、URL別に表示します。

セールス

売り上げ概要 指定した期間のサイトの売り上げ金額、平均売り上げ金額などの概要を表示します。

コンバージョン

コンバージョン概要 指定した期間に発生したすべての目標アクション数と、全訪問に対するコンバージョン率を表示します。専用の解析用コードを設置している場合、サイト上のさまざまな目標アクションを、訪問者がどのくらい実行したかがわかります。

検索エンジン&参照元

指定した期間に対象となる目標アクションを実行した訪問者が、どの検索エンジンから検索して、またはどのリンクからサイトを訪問しているかがわかります。また、それぞれの流入経路毎に新規訪問/再訪問数やコンバージョン率がどのくらいかを把握できます。

  • 検索エンジン別コンバージョン:訪問者がサイトにアクセスする際に利用した検索エンジン別のコンバージョン率を表示します。
  • 検索ワード別コンバージョン:訪問者がサイトにアクセスする際に利用した検索語別のコンバージョン率を表示します。
  • 参照元ドメイン別コンバージョン:訪問者が、サイトにアクセスする際に利用した外部ページの、ドメイン別のコンバージョン率を表示します。
  • 参照元URL別コンバージョン:訪問者が、サイトにアクセスする際に利用した外部ページの、URL別のコンバージョン率を表示します。

ブラウザバージョン

訪問者がサイトを見るのに使用しているブラウザの種類とバージョンを、訪問数で表示します。

JavaScript対応

訪問者が利用しているブラウザのJavaScript設定が有効か無効かを、訪問数で表示します。

OSバージョン

訪問者が利用しているOSの種類とバージョンを訪問数で表示します。

画面解像度

訪問者が使用しているディスプレイの解像度を、訪問数で表示します。

カラーパレット

訪問者が使用しているディスプレイのカラーパレットを、訪問数で表示します。

クッキー対応

訪問者が利用しているブラウザのクッキーが有効か無効かを、訪問数で表示します。

Flash対応

訪問者のブラウザがFlash対応かどうかを、訪問数で表示します。

(出典:Yahoo!アクセス解析ヘルプより)

解析レポートをどう利用するか

レポートは、ホームページにアクセスした人が、どのサイトから、どんなキーワードで訪問してきているのか、どのページからほかのページへ移動したのかなどがわかります。

訪問者が、想定した案内に従って情報を取得し、物品の購入や見積もり依頼を行っていない場合は、ホームページの内容や構成を変更して対策を講じることができます。

From → 売上アップ

Comments are closed.